2020年8月の株主優待クロス取引の取得銘柄とコスト

スポンサーリンク

取得した株主優待の内容&諸経費(貸株料など)の記録です。

なお、私のクロス取引スタイルはこんな感じです。

私の株主優待クロス取引スタイル
  • 基本は一般信用売り(最大逆日歩<優待額と判断した場合は制度信用売りも)
  • メインはSMBC日興証券
  • SBI証券はアクティブプラン、楽天証券はいちにち定額コース
スポンサーリンク

株主優待取得銘柄、コスト、取得日等

20日銘柄

コード銘柄名株数諸経費建日優待内容
8276平和堂5001558月18日優待券5,000円
またはギフト券500円相当
7545西松屋チェーン1,0006477月31日優待カード5,000円分

証券会社は全てSMBC日興証券です。

月末銘柄

コード銘柄名株数諸経費建日優待内容証券会社
8904AVANTIA100118月27日今回はなし
(1年以上保有でQUOカード1,000円分)
SMBC日興証券
3198SFPホールディングス5004468月14日食事券10,000円分SMBC日興証券
7085カーブスホールディングス100478月7日QUOカード500円SMBC日興証券
6070キャリアリンク5007256月19日QUOカード2,000円SMBC日興証券
3387クリエイト・レストランツ・ホールディングス2002467月10日食事券4,000円分SMBC日興証券
7513コジマ30002,7606月19日株主優待券15,000円分SMBC日興証券
3543コメダホールディングス100258月27日KOMECA1,000円分SMBC日興証券
2686ジーフット1001755月22日株主優待券1,000円分SMBC日興証券
2305スタジオアリス1001657月31日写真撮影券1枚SMBC日興証券
2379ディップ100328月27日QUOカード500円SMBC日興証券
7818トランザクション1001287月17日①プリーツ3層マスク 50枚入り
②除菌アルコールウェットティッシュ
SMBC日興証券
7611ハイデイ日高1001328月7日優待券1,000円分
またはお米券1kg
SMBC日興証券
3548バロックジャパンリミテッド1001127月17日自社商品券2,000円分SMBC日興証券
3048ビックカメラ100878月7日お買い物優待券1,000円分SMBC日興証券
7514ヒマラヤ5006417月17日自社店舗値引き券3,000円分SMBC日興証券
3396フェリシモ100538月7日自社商品1,000円相当SMBC日興証券
8278フジ100698月21日株主優待割引券2,000円分
orフジネットショップポイント2,000円分or
PB商品2,000円相当
SMBC日興証券
7601ポプラ100747月10日お買い物優待券1,000円分SMBC日興証券
9946泉州電業100578月21日ソフトクリーム無料券 5枚SMBC日興証券
7445ライトオン5001,2235月22日優待券5,000円分SMBC日興証券
8200リンガーハット1003297月22日優待食事券1650円相当SMBC日興証券
2735ワッツ100397月3日自社オリジナル商品詰め合わせ1,000円相当SMBC日興証券
9861吉野家ホールディングス1001518月7日300円サービス券10枚SMBC日興証券
3168黒谷100907月10日QUOカード500円SMBC日興証券
9979泉州電業1002757月3日①優待飲食券(500円券)
または ②産地直送の特産品
SMBC日興証券
9414日本BS放送1003306月5日ビックカメラ商品券1,000円分SMBC日興証券
4668明光ネットワークジャパン5001408月21日QUOカード1,000円SMBC日興証券
2157コシダカホールディングス10005337月21日株主優待券10,000円相当楽天証券
3548バロックジャパンリミテッド100548月21日自社商品券2,000円分楽天証券
8167リテールパートナーズ1002798月18日買い物優待券1,000円分orJCBギフトカード1,000円楽天証券

「諸費用」の内訳は

  • SMBC日興証券:貸株料のみ(制度信用買い+一般信用売り)
  • 楽天証券:貸株料のみ(一般信用売り)

です。

8月の諸経費とリターン

32銘柄取得しました。

諸経費はおよそ9,428円

リターンはおよそ72,150円相当でした(商品券やギフトも額面通り計算した値段です。現金に換算するとこれよりも価値は下がります)

まとめ

8月の総括

8月は魅力的な銘柄がたくさんありました。
一方、同様に魅力的な9月の銘柄にも資金を残しておく必要があるため、取捨選択が厳しい月でした。

9月の権利日が控えているため、一見利回りの良い吉野家やビックカメラ、コシダカも比較的取得しやすかったです。

クリエイト・レストランツ・ホールディングス(3387)はもっと株数を取得したかったのですが、8月18日に売り禁になったため結局200株の取得で終わってしまいました。

本当に欲しい銘柄は「「早すぎる」」と思っても
一旦確保しておくべきと身につまされた月でした。

取得時期

人気の銘柄(ライトオン(7445)ジーフット(2686))はかなり早めの時期(5月中)に取得していました。
正直、早すぎるかな?と思いましたが、そのあとはほとんど一般信用売りが出なかったので結果的に正解でした。

とんどの銘柄を6月初めにとりましたが、取得時期はちょうど良かったと思います。

7月は優待銘柄自体が少ない上、商品券やクオカード、図書カードなどの使いやすい優待なので、早めに取っておいても良かったです。

楽天やSBIでも粘っておけば取れたかなぁ・・・と思うと少し悔しいですね。

取得できなかった銘柄

ヒトコミュニケーションズ(4433)を狙っていましたが、取得できませんでした。

クリレス、平和堂はもう少し株数多くとりたかったのですが、増やせませんでした。

平和堂は比較的余っていた印象ですが、流石に前日500株増やそうとするのは無謀でした。

反省点

ライトオン、ジーフットを5月に取得しておいて良かったです。

クリレスは、端株を取得しているのでなんとか400株取得しておきたかったのですが、売り禁により叶わず残念でした・・・。
磯丸水産が好きなので、7月中旬には取得しておきたいと思います。

ヒトコミュニケーションズ(4433)は楽天証券で取得しておきたかったのですが、毎日19時の争奪戦に参加しても獲れずに残念でした。

優待クロスのコストをスプレッドシートで簡単に一覧表取得する方法【SMBC日興証券版】
SMBC日興証券で優待クロスをした後、結局手数料っていくらだったんだろう?と確認したくなることがありました。SMBC日興証券のHPからはCSVデータがダウンロードできますが、一覧には諸経費の項目がありません。(...

証券会社を開設するならポイントサイト経由が圧倒的にお得です!

例えばモッピーならSBI証券の開設&5万円の入金4,000P(4,000円相当)がもらえます。
公式HPから開設してしまうと、ポイントはもらえません。ぜひポイントサイト経由で証券会社を開設しましょう!

案件や証券会社は随時変わる可能性があります。

良い条件があったらすぐに対応できるようにポイントサイトの登録だけでも済ませておくと、お得情報を見逃さなくてすみますよ。

良い条件があったらすぐに対応できるようにポイントサイトの登録だけでも済ませておくのがオススメです