【超初心者向け・楽天証券のクロス取引】一般信用短期売り、いちにち信用買い、現引をアプリ上で行うときの操作方法

スポンサーリンク

楽天銀行でクロス取引をアプリで行う時の操作方法を解説しています。

楽天証券では1日定額コースを選択していれば、

売り注文を一般信用売り
買い注文はをいちにち日信用買い→翌日現引

という手順で行うと、50万円以下の売買手数料を無料にできます。

楽天証券のアプリはこちら。

iSPEED - 楽天証券の株アプリ

iSPEED – 楽天証券の株アプリ

Rakuten Securities, Inc.無料posted withアプリーチ

スポンサーリンク

用語解説

寄付

その日の最初の取引。
楽天証券では前場は9時以降の最初の取引後場は12時30分以降の最初の取引

約定

注文が通って取引が成立すること。

現引き

信用取引を現金や株券で返済すること。

現渡

信用取引で売り建てた(空売り)株に対して、証券会社へ手持ちの現物株を返済すること

つなぎ売りスケジュール

次のようなスケジュールで注文を成立させていきます。
(権利付最終日の日付等は証券会社のカレンダー等で確認してください)。

初心者向けの記事のため、現引き注文以外は基本的に営業時間外
(平日夜19時~翌朝9時&休日)に注文を行うことを前提
としています。

つなぎ売り手順

楽天証券の「一般信用売り&いちにち信用買い→現引き」で行うつなぎ売り手順
  • ①寄付前
    一般信用売り注文

    まず、一般信用売り注文で在庫を確保します。

  • ①寄付前
    いちにち信用買い

    売り注文の在庫が確保できたら、買い注文を出します。
    手数料節約のため信用買いで注文します。

  • 約定

    一般信用売り注文・いちにち信用買い注文が約定します。

  • ②約定後~15時30分
    現引注文(いちにち信用買い分)

    いちにち信用買いの分を現物株にします。
    いちにち信用買いの注文が確定した営業日中に行うことがポイントです。
    これを忘れると高い手数料がかかるので、かならず営業日中に行います。

    これで、現物株を保有した状態になります。

    現物株を保有したまま権利付き最終日を終えれば、株主優待の権利が手に入ります!

  • ③権利付き最終日17時半以降
    現渡

    権利付き最終日が過ぎたら、現渡注文で信用売りの株と現物保有の株を清算します。

では、実際のアプリ画面での注文方法です。

楽天証券アプリのつなぎ売り操作方法

【①寄付前】一般信用の売り注文

まず、一般信用の売り注文を行います。

操作方法

銘柄を検索し、注文→信用新規をタップします。

注文画面を下のようにセットします。

一般信用新規売り注文画面
  • 売買→売建
  • 信用区分→「一般無期限」または「一般14日」
  • 数量→発注分だけ
  • 価格→「成行」
  • 執行条件→「本日中」
  • 口座区分→「特定」
  • セット注文→同時に予約しない
(上の画面では、在庫が0になってしまっていますが、例なのでお見逃しください)

「注文」を押します。

人気銘柄を注文するときは在庫が補充される夜19時までにこの画面で待機しておけば、時間のロスがなくなります!

注文ができているかの確認

「信用取引」の「注文照会」から確認します。

青字の「売建」注文が表示されていれば成功です。

【①寄付前】 いちにち信用買い注文

売り注文が通り在庫を確保できたら、買い注文を入れます。

このページではいちにち信用買い→翌営業日に現引きする方法を紹介しています。
1日に合計25万~50万円以下の銘柄をクロス取引するの場合、いちにち信用買→営業日中に現引とすれば手数料が無料になり、お得だからです。
1日合計25万円以下の銘柄をクロス取引するのであれば、現物買で構いません。

操作方法

銘柄を選択し、注文→信用新規と進みます。

注文画面を下のようにセットします。

いちにち信用買い注文
  • 売買→「買建」
  • 信用区分→「一般1日」
  • 数量→売り注文と同じ数だけ
  • 価格→「成行」
  • 執行条件→「本日中」
  • 口座区分→「特定」
  • セット注文→同時予約しない

上記のとおり入力し、「注文する」ボタンを押します。

注文後の確認

注文確認画面

信用売り、いちにち信用買いの注文を終えたところです。

寄付前にこの状態にセットしておき、約定を待ちます。

【②約定後~当日15時30分までに】現引注文

約定した日の15:30分までに「現引き注文」を忘れずに行います。

信用買いの状態になっている建玉を、「現物買い」状態にします。

営業日中に「現引注文」をしないと3,000円の手数料が発生してしまうので、忘れずに行います!

操作方法

信用取引の「注文照会」→「建玉一覧」と進みます。

「建玉一覧」画面で左のバーが赤くなっている「買建」をタップし、「現引注文」をタップします。

これで「現引注文」は終わりです。

注文後の確認

注文確認

注文直後の画面です。

「信用取引」の「信用建玉一覧」 から「買建」が消えていることを確認します。

この状態にしておいたら、あとは権利付き最終日まで放置です。

【③権利付最終日の17:30以降】現渡

権利付き最終日の17:30以降、信用売りの株と現物株を清算する=現渡注文を行います。

操作方法

信用取引の「注文照会」から「現渡注文」を選択。

注文画面は下のように設定します。

現渡注文画面
  • 口座区分→「特定」

これで、つなぎ売りの全工程が終了しました!

注文後の確認

注文確認

注文照会をタップし、注文状況が「執行待ち」となっているかを確認します。

つなぎ売り約定確認

現渡注文を夜のうちに出しておいたら、翌朝7:30に約定していました。

あとは、優待が届くのを待つだけです♪

【参考】私の注文スケジュール

在庫が沢山ある株で貸株料を節約しながら注文するなら、こんなスケジュールになります。

【参考】貸株料を節約するための私の注文スケジュール
  • 25日19時一般信用売り注文
  • 一般信用売り注文が通ったことを確認次第いちにち信用買い注文
  • 26日9時から15時30分の間にいちにち信用買いの現引注文
  • 26日17時30分以降現渡注文

といっても人気のある株は権利付き最終日の前日まで残っていることなんてまずないので、貸株料はかかりますがもっと前の段階で(1か月以上前に終えていることも…)③の「現引」まで終わらせておきます。