えらべる倶楽部会員なら、ゴールドジムの都度利用が2,500円→1,250円に!更に登録方法次第で、会員証発行費1,000円→無料になります

スポンサーリンク

職場などでえらべる倶楽部に入っている!と言う方は、
ゴールドジムの都度利用が圧倒的にお得です!

使い方次第で、更にお得になるので、ぜひ最後まで読んでください。
(2019年5月現在の情報です。詳細は公式サイトをチェックしてください。)

スポンサーリンク

えらべる倶楽部の中でも魅力的な、ゴールドジムの都度利用料金割引

ゴールドジムは国内に約80店舗(フランチャイズ店含む)ある、大手の店舗です。

えらべる倶楽部利用で、ビジター料金が約半額になる

えらべる倶楽部を経由すると、

  • 通常ビジター料金通常2,500円程度〜(店舗で異なる)→1,250円(フランチャイズ店は1,620円)

となり、とってもお得です!

フランチャイズ店は、公式サイトを見ると(フランチャイズ店)と表記があります。

会員証発行手数料を抑えて更に安く

初回の支払い方法で料金が変わります

えらべる倶楽部の支払い方法は、3種類あります。

支払い方法3種類
  • 会員証を提示し、ジム受付で支払う
  • サービスセンターで支払う
  • コンビニクーポンで支払う

支払い方法は、

サービスセンターかコンビニクーポンで支払いましょう!

えらべる倶楽部のページをよく見てみましょう。

えらべる倶楽部支払い方法の説明

よく見ると、「現地清算」では会員証発行料1,080円が必要になると記載があります。

ということは、その他の支払い方法なら手数料が不要です。

フランチャイズ店舗では、「現地清算のみ」なので注意してください。

ゴールドジムの公式サイトで検索すると、フランチャイズ店かどうかわかります。

http://www.goldsgym.jp/shop/14100

実際にコンビニクーポンを利用して会員証を作りました。

コンビニクーポンの発券方法

えらべるコンビニクーポン「マルチタイプA」で発券しました

「ローソン」で発券したので、マルチタイプAの方法で購入しました。
えらべる倶楽部で注文すると、「Loppi」での発券方法がメールで送付されます。

コンビニ支払いメール

Loppiで「お客様番号」と「確認番号」を入力すると、Loppiからレシートが発券されます。
レシートを持ってレジに行くと、店員さんがチケットを印刷してくれます。

メール文では支払金額は2500円となっていますが、ビジター利用1人1250円×2枚
なのでこの価格になっています。

会員証を現地で提示する方法だと、この金額に1人当たり1,080円がプラスされます。
なので、コンビニクーポンの方が圧倒的にお得ですね。

ちなみにローソンでは現金払いのみの受付でした

他のコンビニで現金払い以外が使えるかは未確認です。

ゴールドジムで初回手続きの流れ

さて、コンビニで発券したクーポンを持って、ジムへ向かいました。

クーポンに「会員番号」「氏名」「所属」を書く欄があるので、事前に書いておくとスムーズです!

受付でクーポンを手渡し

コンビニで発券したクーポンを、受付に渡します。
渡した相手の受付の方はあまり見たことがないようで、隣のスタッフに(これって、お支払い済みってことですか・・・?)と聞いていました。
幸い、隣のスタッフが熟知していたので事なきを得ましたが、
もし聞かれたら、「支払い証書の印があるので、支払い済みです。」と堂々と答えれば大丈夫です。

WEB上でアンケート回答

お手続きに少々お時間いただきます。こちらのアンケートにお答えください。
と言われ、QRコードを渡されました。

住所、氏名、緊急連絡先まできっちりと回答する必要があるものです。

回答後には個別の番号が表示される&登録時に必要になります。

アンケートじゃなくて、登録事項じゃないか!!

と叫びたかったのですが、正直に答えました。

写真撮影

アンケートに答えました!とスマホの画面を見せると、回答番号を控えられます。
そして、会員証作成になります。会員証は、写真付きです。

行った当日に撮影されるので、気になる方はキメていって下さいね!

会員証ができます

会員証は、すぐに出来ました!ものの1分もかかりません!
ジム利用の注意事項等を説明され、入会手続きは終了です。

コンビニクーポンを使うと、ジムでの支払いはゼロ!

上記流れの通りで、クーポンを渡せば現地の支払いはありませんでした。

コンビニ支払いは少し敷居が高いかもしれませんが、

コンビニ端末で番号を入力するだけです!

この一手間で1,080円が浮くのですから、使わない手はありませんね。

ジムに行く際には、スポーツウェアとシューズを忘れずに!

支払いがゼロと書きましたが、ウェア、シューズ、タオルを持って行かないとレンタル料がかかることも。忘れずに持っていきましょう!