フリマアプリの売り上げをアップさせる!画像に文字を入れて目立たせよう

スポンサーリンク

フリマアプリで出品する際に使える便利なテクニックです。

下の例で説明します。

フリマアプリで目立つ文字入れの例

同じような商品が並んでいたら、わかりやすい説明がついている方が目につきますよね?

フリマアプリ内でも加工は出来ますが、アプリを使うともっと複雑な加工もできますし、複数のフリマアプリに出品する際にも便利です。

画像加工アプリ「Phonto」を使って、簡単に文字を入れて目立たせましょう。

では、早速やり方を説明します。

スポンサーリンク

アプリをダウンロード

アプリをダウンロードします。※無料です!

Phonto 写真文字入れ

Phonto 写真文字入れ

youthhr無料posted withアプリーチ

写真を選択

加工の土台になる写真を選びます。

カメラアイコンをタップし、「カメラ」を選択して写真を撮影、または「写真アルバム」を選択して保存済の写真を選びます。

写真を追加したところです。用途によって「フィルター」等の加工やトリミングをし、右上の「完了」をタップします。

「文字を追加」

写真の上に文字を追加していきます。

写真上の適当な場所をタップすると「文字を追加」ボタンが表示されるのでタップします。、

文字を打ち込みます。「匿名配送」と入力しました。

入力できたら右下の「完了」をタップすると、写真の上に配置できました。

この後、文字の色や背景色を変えて目立たせます。

背景や縁取りで目立たせる

文字のスタイルを変えていきます。

Phontoでは主に次のスタイルが選べます。

写真に合わせて目立つ様に仕上げていきます!

Phontoで選べる文字のスタイル
  • フォント
  • 文字サイズ
  • 文字背景
  • 文字縁取り

文字サイズを変える

文字サイズを変えるには「サイズ」をタップしてスライダーを調節します。

Phontoで文字サイズを変更

文字背景を変える

背景色を変えられます。

透明度を下げると透けさせることができます。写真に文字を被せたい時は、透明度を下げて下の写真を見せることもできます。

文字縁取りを変える

文字を縁取りしたい時は、真ん中の「ストローク」をタップします。

一番下の「幅」スライダーで縁取りの太さを調節できます。

図形を追加する

「背景」と似ていますが、図形を文字の後ろに置くと文字全体に背景をつけたようなイメージに仕上がります。

図形を追加する方法です。

左下の三マーク(ハンバーガーメニュー)をタップし、「アイテムを追加」をタップします。

ここではシンプルに四角を選びます。写真の上に四角が配置されました。

色を調節します。写真に被ってしまう場合は、背景の色と揃え、透明度を下げると馴染みやすくなります。

最後にサイズを調節します。文字の下に図形を合わせ、「サイズ」で幅や高さを調節します。

保存

画像加工が終わったら、右下の「共有」ボタンをタップし「画像を保存」で保存します。

iPhoneなら「写真」アプリに保存されています。

これで完了です!

まとめ

フリマアプリの売り上げアップにつながる画像加工の方法を紹介しました!

紹介したアプリPhontoでは、文字に縁取りをつけたり背景をつけることで見やすく加工できます。

ひと手間はかかりますが、なかなか売れない商品目立たせたい商品を出品する時に役立ててみてください。