iPad Pro(2017)を買った2ヵ月後にiPad Pro(2018)を買ってしまったけれど、結果大満足でした

スポンサーリンク

中古でiPad Pro 10.5インチ(2017)を購入しました。


新型のiPad Proは(2018)は高いし、それほどモデルチェンジはないだろうから安い中古でいいやと思い買ってしまいました。

が、これが大きな間違いだったのです。

結局、iPadPro10.5インチ(2017)に不満を感じ、2ヵ月後にはiPadPro11インチ(2018)に乗り換えてしまいました。

スポンサーリンク

iPad Pro 2018と比べて出てくる旧iPad Proの不満点

2017年のiPad Proモデルを手に入れた当時は2018年モデルが発表される前だったので、何の不満もなく使っていました。
ですが、2018年のiPad Proを調べるうちに2017年モデルが旧に不便に感じてきてしまいました。
比べて感じた、旧iPad Proの不満点は次のとおりです。

iPadPro10.5と11インチ

Apple Pencilの充電方法

ご存知と思いますが、旧モデルのApple Pencil充電方法はこう。

ApplePencilの充電

折れそうだし、Pencilを充電しながらiPad本体に充電できないのはやっぱり不便です。
さらに、上のキャップ。これがすぐに取れるのでなくしてしまいそうなんです。
その点、新iPad Proの充電方法はこう。

ApplePencil2の充電

マグネットで側面にくっつけるタイプです。もちろん、キャップがないのでなくす心配もありません。

何で最初からこうしなかった!?と思う程スタイリッシュです。

Apple Pencil(第2世代)はダブルタップで鉛筆⇔消しゴムの切り替え

新しいApple Pencil(第2世代)では、ノートをとったり絵を描いている時に、ペン本体をダブルクリックすると消しゴムに切り替わります。

これを知った瞬間、第1世代のApple Pencilで消しゴムのアイコンをタップして戻る作業が急におっくうに感じてしまいました。

ホームボタン

iPad Pro(2017)はホームボタン(物理ボタン)があります。
ホームボタンはあっても良い派なのですが、昔使っていたiPod touchではホームボタンが利かなくなってしまったことがあります。
新iPad Proではホームボタンを廃止したのでその心配もありません!

ボタンが廃止されたことで、画面が広くなったことも魅力に感じてしまいます。

旧iPad Proの不満点はこんな感じです。
どちらかというと本体にはそれほど不便を感じていないのですが、Apple Pencilの改良が大きかったです。

まさかApple Pencilもモデルチェンジすると思わなかったので、2018年モデルにより魅力を感じてしまいました。

その他、新モデルにして便利になったこと

不満ではなかったけれど、新モデルになって便利になったな、というところです。

充電端子がUSB-C

充電端子がLightningケーブル→USB-Cに変わりました。

そのせいで、充電速度がものすごく早くなりました!

その他カメラやモバイルバッテリー替わりにも使える、というメリットもありますが私はまだそこまで使いこなせていません・・・

ホームボタン→Face ID

Face ID対応アプリでは、「ウインク」などの動作で動くアプリもあります。

「Piascore」というアプリでは、ウインクで譜めくりができます!手が使えない演奏中は便利です。

Piascore – スマートデジタル楽譜リーダー

Piascore – スマートデジタル楽譜リーダー

plusadd,Inc無料posted withアプリーチ

新モデルの不満点

良いことも多いですが、ちょっと不便だな、と思うところもあります。

スリープ解除に一手間かかる

Touch IDではホームボタンを押すことで指紋認証して解除されるので、1タップです。

Face IDでは、右上のスリープ解除ボタンを押す→上にスワイプして顔認証と、2タップの動作が必要になります。

上にスワイプする動作が地味に面倒です。

イヤホンジャックの廃止

旧モデルのiPad Proにはあったイヤホンジャックが無くなりました。Bluetooth対応イヤホンを買えという時代の流れなんでしょうね。これは結構デメリットです。

イヤホン以外にも、今まで持っていた有線のスピーカーが使えなくなったのはもったいなく感じてしまいます。

Apple Pencilにグリップをつけられない

旧Apple Pencilには、鉛筆用のグリップをつけていました。
手が痛くならないし、太くなるので持ちやすくなるんです。

新Apple Pencilではマグネットで充電する&ダブルタップが効かなくなってしまうので、あまり太いグリップは使えません。カスタマイズ性が少しなくなるのが不便です。

iPad Pro 11に未対応のアプリ

これはこれから改善していくと思いますが、大きくなった画面を生かしきれないアプリがあります。

お絵描きソフトは比較的早く対応しているようなので、他のアプリも早い対応を望みます。

新モデルを買ってよかった

不満点は少しあるものの、総合的に新モデルにして大満足です!

  • Apple Pencilの充電方法が変わった
  • Lightningケーブルが変わり、本体充電スピードが早くなった
  • 画面が広く使える
  • FaceID対応アプリを使ったハンズフリーの操作ができる

ところに魅力を感じています。
お金は大分かかりましたが、旧モデルに不満とストレスを感じながら使い続けるより、ずっと快適です。

iPad Pro11インチにおすすめのアクセサリ

カバー

1000円台と破格の安さにも関わらず、スタンド機能あり&ペン収納スペース有りと機能的なカバーです。

保護フィルム

Apple Pencilを使うなら、ガラス製は絶対やめた方が良いです。ツルツルしてストレスがものすごいです。
このフィルムは、少し引っ掛かりがあり書きやすいです。
ペーパーライクのものほどザラザラしていないので、ペンの摩耗も少ない気がします。
ノングレアなら太陽光も気にならず、外で操作する時も快適です!