iPadだけで絵を描いてSNSに上げよう!カラー漫画の描き方②背景編

スポンサーリンク

前回の記事の続きになります。

スポンサーリンク

背景を塗る

この記事では、塗りつぶし背景カラートーン背景グラデーション背景の描き方を説明します。

単色塗りつぶし背景の塗り方

背景レイヤーを作成する

背景を塗るためのレイヤーを作り、一番下に配置します。

レイヤーの作り方おさらい

右端の「+」をタップする

「カラーレイヤー」をタップする

作成したレイヤーは長押しして場所移動

テキスト、吹き出しを非表示にする

目玉の部分をタップして「テキスト」レイヤーと「吹き出し」レイヤーを非表示にします。

右のような画面になります。

「塗りつぶし」ツール等で背景を塗りつぶす

「背景」レイヤーを選択した状態で、バケツツールで背景を塗りつぶします。

単色の背景ならこれで終わりです!

カラートーン背景の描き方

こんな感じのカラートーンを貼る方法です。

「選択」ツールでトーンを貼る範囲を決める

トーンを貼る範囲を決めます。例では四角の選択範囲ツールで1コマを選択しています。

トーンを選んで貼る

右上の四角が3つ並んだようなアイコンのボタン(素材ボタン)をタップします。

右下に「タイル」「トーン」「アイテム」とあるのでその中から「トーン」をタップします。

トーン(素材のダウンロード方法)

左上の「+」ボタンで素材をダウンロードできます。

トーンの大きさ、回転画角を調整する

トーンを選ぶと、大きさや回転方向を調節する画面になります。

スライダーで調節していきます。

調節が終わったら、右上の「完了」をタップします。

「選択を解除する」をタップします。

これで、白黒のトーンが貼れました!

トーンに色をつける

次は、トーンに色を付けていきます。

「背景トーンカラー」レイヤーを作る

背景に色をつけるためのレイヤーを作ります。

「背景トーンカラー」という名前のレイヤーを作り、「背景」レイヤーのすぐ上に配置します。

位置が重要なので、「背景レイヤーのすぐ上」というのは守ってください。

「背景」レイヤーにクリッピング

「背景トーンカラー」レイヤーを「背景」レイヤーにクリッピングします。

「クリッピング」とは、下にあるレイヤーを参照して、そのレイヤーの描画部分にのみ上から描画できる機能です。
よくわからなくてもひとまずこの手順通り進んでみてください

「背景トーンカラー」レイヤーを選択し、「クリッピング」をタップします。

「背景トーンカラー」レイヤーが右にずれ、矢印が「背景」カラーを指していればクリッピングできています。

トーンの上を塗りつぶす

「背景トーンカラー」レイヤーを選択した状態で、トーンの上を塗っていきます。

はみ出すことは考えずに塗りつぶしていきます。
下のように、ベタ塗り四角形で塗りつぶすトーンのところだけ色がつきます

消しゴムで調整

「背景」レイヤーを選択し、トーンのはみ出しを消しゴムで消していきます。

これで、カラートーンが貼れました!

グラデーション背景の描き方

グラデーション背景の描き方です。

「テキスト」「吹き出し」レイヤーを非表示にする

単色塗りの背景と同様、「テキストレイヤー」「吹き出しレイヤー」を非表示にしておきます。

選択範囲ツールでコマを選択し、塗りつぶす

単色背景の時と同様「四角形選択ツール」でコマを選択後、「グラデーションツール」で塗りつぶします。

グラデーションの手前色を青、背景色を白に設定し、ペンを上から下に動かすとこのようなグラデーションになります。

まとめ

塗りつぶし背景カラートーン背景グラデーション背景が描けるようになりました。次の記事では人物や写真の貼り方を説明します。