iPhone,Macアプリ「Numbers」で銘柄コードリストから株価を取得

スポンサーリンク

Excelもスプレッドシートも使わずに監視したい株の銘柄コードから株価を一気に取得する方法です。

Numbersで銘柄コードから株価取得

iPhone、iPad、Macユーザー限定の方法になります。

スポンサーリンク

なぜNumbersを使うのか

GoogleスプレッドシートやExcelでスクレイピングすれば早いのですが、以下の理由で使っていません。

  • Googleスプレッドシート→大量にスクレイピングすると時間がかかる
  • Excel→持っていない

他の方法を探っていたところiPhone、Macアプリの「Numbers」で「株価」を取得できるとても簡単な機能がありました!

この方法で取得できる株価はリアルタイムではなく、前営業日の終値となります。

使う場面が限定されるかもしれませんが、私のように優待目的で日々のトレードをしない人にとってはスマホでも簡単に監視銘柄一覧を確認できるのでとても便利だと思います。

使い方

セルを選択→挿入→株価で入力される

使い方はとっても簡単です。

Mac

Macで操作する場合です。

セルを選択し、挿入→「株価」を選びます。

企業名またはコードを入力します。

ファーストリテイリングの銘柄コード「9983」を入力してみました。

Appleらしく全世界に対応しているため、東京証券取引所以外にも世界中の取引所から同じ銘柄コードを探してきます。

東京証券取引所の.Tを選びます。

属性を選ぶ

デフォルトで属性が「取引値」(前営業日の取引終了時点のデータ)が選択されているので、株価を入力したい場合はこれで終了です。

その他の属性はこんな感じです。

追跡できる株価の属性
  • 取引値:前営業日の取引終了時点における、指定した銘柄の株価。
  • 名称 :銘柄または企業のフルネーム。
  • 前日比:前営業日の最終取引とその前の営業日の終値との間の差額。その間に取引が成立していない場合は「0」と表示されます。
  • 前日比 (%:株価の直近 2 つの終値の騰落率。
  • 始値:前営業日の株取引開始時点の始値。
  • 高値:前営業日中の株取引における最高値。
  • 安値:前営業日中の株取引における最安値。
  • 時価総額:前営業日の発行済株式の市場価格の総額。1 株あたりの価格に発行済株式数を掛けた値です。
  • 出来高:前営業日中に売買された株式数。
  • 利回り:1 株あたりの株価に対する年間配当金の割合。
  • 1 年目標株価:1 年間の予想株価。株に詳しいアナリストが予想する株価の中央値です。
  • 52 週高値:過去 52 週間の株価の最高値。
  • 52 週安値:過去 52 週間の株価の最安値。
  • 3 か月平均出来高:過去 3 か月間の累積出来高を 22 日で割った月平均。
  • beta:市場全体に対する証券や商品の感応度 (システマティックリスク) に関する指標。
  • 通貨:株価の基準となる通貨。
  • 年間配当:1 株あたりの年間配当金。
  • EPS:1 株あたり利益。企業の当期純利益を発行済株式数 (企業の株主が現在保有している株式総数) で割った値です。
  • 取引所:株取引が行われる証券取引所 (NYSE、NASDAQ、Euronext など)。
  • 株価収益率:株価収益率 (PER)。現在の株価を過去 12 か月 (TTM) の 1 株あたり利益で割った値です。
  • 前日終値:最後の取引が報告された前の取引日の株価の終値。
  • コード:銘柄を一意に識別する銘柄コード (ティッカーシンボル)。

「リアルタイム株価」はありません。最新の株価で一番近いものは「取引値(前営業日の取引終了時)になります。

セルに株価が表示される

表示されました!

iPhone,iPadの場合

iPhone,iPad版Numbersの操作方法です。

セルを選択し、「セル」→「株価」をタップ

株価を入力するセルを選び、右下の「セル」、「株価」とタップしていきます。

銘柄コードを入力した場合は全世界取引所の銘柄が候補に上がるので、「東証」の銘柄をタップします。

続いて表示させたいデータ(ここでは「取引値」)を選んで「完了」をタップします。

取引値が入力された

これで取引値がセルに入りました!

銘柄コードのセルを参照して株価などを表示する

銘柄コードを参照して株価を取得します←こちらがメインです。

数式を入力する

A列に銘柄コードが入っている場合、下記のように入力します。

Excel等とは違い、=(イコール)は不要です。

数式
  • 銘柄名→STOCK($A3&”.T”,1)
  • 株価→STOCK($A3&”.T”,)

入力されました

B4からC7セルに数式をコピーして貼り付けると、値が入力されました。

残念ながら銘柄名はアルファベット表記になってしまいます・・・。

iPhone,iPadでの操作方法

A列に入っている銘柄コードの銘柄名をB列に、株価をC列に入力する際の方法です。

B2セルを選択し、=(イコール)をタップします。

数式を入力します。

数式
  • 銘柄名→STOCK($A3&”.T”,1)
  • 株価→STOCK($A3&”.T”,)

打ち込んでいる途中で予測変換されてしまうと思うので、下記画像のようになれば良いです。

これで完成です!

他のセルに数式をコピーするには

他のセルに数式をコピーする方法です。

コピーしたいセル(複数あればドラッグで複数選択)を選択し、「コピー」をタップします。

コピー先のセル(複数セルの場合は複数)を選択し「数式をペースト」をタップします。

できました!

留意事項

Numbersも万能ではないので、いくつか不便な点もあります。

銘柄名がアルファベット表記になってしまう

この記事で紹介した方法で入力すると銘柄名がアルファベットになってしまいます

オプションなどが見当たらないので、日本語に直す方法が不明です。

名証には対応していない

名古屋証券取引所単独上場銘柄のコード、銘柄名を入れてもデータが出力されません。

例:岐阜造園(1438)は出てきませんでした。

NumbersのSTOCK関数は名証に非対応

福岡証券取引所、札幌証券取引所の銘柄には対応しているようです。

リアルタイム株価には対応していない

冒頭でも述べたとおり、取引値として取得できるのは前営業日の終値です。

デイトレ用としては不向きですね。