パスワード付きzipフォルダをiPhone、iPadで開く方法

スポンサーリンク

PCで作られたパスワード付zipフォルダをiPhone・iPadで開く方法です。

スポンサーリンク

純正アプリ「ファイル」では開けない

PCから送られたファイルは、Appleの純正アプリ「ファイル」に保存する方も多いと思います。

「ファイル」にzipフォルダを保存するには

Gmail等でPCからiPhoneにファイルを送り、共有する方法です。

①Gmailで、添付のzipファイルをタップします。

②共有ボタンをタップします。SafariからGmailを開いている場合、共有ボタンは右上にあります。

③「ダウンロード」をタップします。

④「ファイル」アプリを開きます。

⑤「ダウンロード」フォルダ内に保存されています。

しかし、「ファイル」アプリではパスワード付きzipフォルダを解凍しようとしても、「ファイル」アプリからはできません。

ファイルをタップしパスワードを入力しても、「操作が完了できませんでした」と出てしまう

「Documents」で開く

iOSの不具合なのかわかりませんが、開けない状況です。

こんな時は、サードパーティアプリ「Documents」で開くことができます。

Documents by Readdle

Documents by Readdle

Readdle Inc.無料posted withアプリーチ

「Documents」を使ってパスワード付きzipファイルを開く方法です。

①zipフォルダをDocumentsで開く

「ファイル」アプリにパスワード付きzipファイルを保存している場合は、長押し→共有をタップし、「Documentsで開く」を選択します。

「Documentsで開く」が見つからない時は

「共有」をタップした後、「Documentsで開く」が見つからない場合は、次のように設定してください。

①「共有」をタップ後、「その他」をタップ

②「編集」をタップ

③「Documentsで開く」の左の(+)をタップすると、「共有」画面から「Documentsで開く」が選べるようになります。

②「Documents」アプリで保存場所を選ぶ

「Documents」アプリが開くので、ファイルの保存場所を選びます。

「書類」フォルダは最初から作られているはずなので、迷ったら「書類」フォルダを選ぶとよいです。

ファイルの保存場所を決めたら、「抽出」をタップします。(なぜか「保存」ではありません・・・)

③パスワードを入力

zipフォルダを開くためのパスワードをここで入力します。

パスワードを入力すると、ファイルが保存されます。

左のカラムで「書類」を選ぶと、先ほど保存したファイルが入っています。

パスワード付きzipフォルダが開けるようになった

保存したzipファイルをタップします。

フォルダの中身が開けました!

残念ながら、日本語のファイル名は文字化けしてしまいます。

以上です!

ファイルアプリでこの操作ができればいいのですが、不具合解消に期待です。

まとめ

  • パスワード付きzipファイルはiPhone/iPadで開くことができる
  • 純正アプリ「ファイル」では開けないため、「Documents」を使う
  • 「Documents」で開くと、日本語ファイルは文字化けしてしまう