家庭で煮込み料理を作るなら、圧力鍋よりもシャトルシェフがオススメです

スポンサーリンク

結婚祝いでシャトルシェフを頂きました。
シャトルシェフとは、保温できる鍋のようなものです。
これを頂いてから、煮込み料理などに使っていた圧力鍋の出番がグンと減りました!

圧力鍋は煮込み時間短くていいけれど、洗う部品が多くてめんどくさい・・・難しそう・・・
と思っている方、是非シャトルシェフも検討してみてください!

スポンサーリンク

シャトルシェフとは?

「保温ができる鍋」です。とってもシンプルで、普通の鍋&鍋が入る保温容器で構成されています。

使う前のシャトルシェフのイメージ

「保温ができる」だけなので、圧力鍋みたいに時短になるわけじゃないし使いどころがわからない。。。そんなに便利になる?という印象でした。

使い始めてわかった、シャトルシェフのメリット

「料理にかかる時間が変わらないなら、そんなにメリットはないんじゃ?」と思っていましたが、大間違いでした!!

例えるなら、お米を炊飯器で炊くか、土鍋で炊くかというところでしょうか。もちろん、炊飯器=シャトルシェフです。

鍋でお米を炊くのは15分程度で出来ます。

ですが、その間、火加減調整や焦げ付かないか見張らないといけないので、結構な手間ですよね。しかも、炊飯器ならスイッチを入れておけば炊き上がったら保温だってしてくれます。

そう、シャトルシェフは煮込み料理界の炊飯器です!!!

メリット①圧力鍋調理と比べて失敗しない

私が不器用なこともあり、圧力鍋を使っていて失敗することがありました。
焦がしたり、食材の量を間違えて肉がパサパサになったり、煮崩れしたり
シャトルシェフは鍋にかけている時間さえ気にしていれば、保温容器に入れた後に焦がす心配はいりません!
チャーシューなどを作ると、仕上がりがしっとりしていて優しい味に仕上がる気がします。

メリット②お手入れが簡単

圧力鍋はパッキンやツマミなど部品がたくさんあり、分解も再度組み立てるのも面倒です。

その点シャトルシェフは「普通の鍋」と変わらないので、分解も組み立てる必要もありません。

メリット③コンロが1つ空く

保温中は保温容器に入れておくので、コンロが空きます。時間のかかる煮込み料理を作るのに、コンロを占有されないのはありがたいです。

メリット④火を使う時間が短く、吹きこぼれも気にしなくてよい

圧力鍋より総調理時間はどうしても長くなってしまいます。

ですが、火にかけている時間は短くなります。
火を見張るストレスがなくなります。
また、いったん火からおろしてしまえば吹きこぼれの心配もいりません。

メリット⑤作ってから保温できる

まぁ当たり前なんですが、、食べる時間がバラバラな家族でも、温めなおす手間がなくなります。

シャトルシェフ=炊飯器の保温機能ですね。

メリット⑥節電、節約

いったん沸騰した後は魔法瓶の原理で保温されるので、その分加熱するガス代はかかりません。

もちろん加熱に電気も使わないので、とってもエコ。

普通の鍋とも、圧力鍋とも比べてもこれだけメリットがあり、優秀なシャトルシェフ。
ですが、使っていて不便だな・・と感じたこともあるので、挙げておきますね。

シャトルシェフが圧力鍋に負けるところ

デメリット①総調理時間が長い

シャトルシェフは「保温調理」なので、どうしても放置時間が必要になります。

例えば牛すじカレー。レシピが違うので単純に比較は出来ないのですが、

  • シャトルシェフの牛すじカレーレシピ(沸騰15分→保温80分)
圧力鍋で作る濃厚風味のジャワカレー
圧力鍋で作る濃厚風味のジャワカレー 圧力鍋で牛すじを柔らかく
  • 圧力鍋の牛すじカレーレシピ(総調理時間50分)
圧力鍋で作る濃厚風味のジャワカレー
圧力鍋で作る濃厚風味のジャワカレー 圧力鍋で牛すじを柔らかく

圧力鍋のレシピ目安は下ごしらえを含めて50分なのに対し、シャトルシェフは加熱だけで95分かかってしまいます。

煮物料理を手早く作らないといけない!という人には向いていないですね。

デメリット②かさばる

シャトルシェフは魔法瓶のようになっているので、普通の鍋+魔法瓶の外枠があります。

我が家の2.8Lの容量のシャトルシェフは、5合炊きの炊飯器と同じくらいです。

デメリット③焦げ付きやすい

アルミ鍋なので、炒めると焦げ付きやすいです。フッ素加工されているようなのですが・・・

説明書では炒めてもOKとなっているのですが、豚肉などを炒めるとまず間違いなく貼りつきます。
洗うのが大変なので、くっつきやすいものは別のフライパンなどで炒めてから加えるようにしています。

我が家のシャトルシェフ活用方法

共働き、子なし我が家のシャトルシェフ活用方法です。

平日

平日は、味噌汁や根菜を入れないスープなど、加熱時間が短い汁物を中心に作っています。

仕事を終えて先に帰ったほうが作り、相手が帰るまで保温しておきます。

煮込み料理を作ると相手が帰ってくるまでにできるかわからないですしね。

汁物なら、当日中に帰ってくるようであれば温めなおしいらずです!

味噌汁以外で気に入っているレシピはこちらです→

サーモス 魔法びんのパイオニア
サーモスの優れた断熱技術があらゆる分野で活躍します。企業情報、製品紹介、活用情報などをご紹介いたします。

休日など余裕がある日

調理に時間がかかってもよい日は、煮込み料理を作ります。

牛すじとろとろカレー

サーモス 魔法びんのパイオニア
サーモスの優れた断熱技術があらゆる分野で活躍します。企業情報、製品紹介、活用情報などをご紹介いたします。

ビーフシチュー

サーモス 魔法びんのパイオニア
サーモスの優れた断熱技術があらゆる分野で活躍します。企業情報、製品紹介、活用情報などをご紹介いたします。

秋野菜のポトフ ミルク風味

サーモス 魔法びんのパイオニア
サーモスの優れた断熱技術があらゆる分野で活躍します。企業情報、製品紹介、活用情報などをご紹介いたします。

など。

コンロが1つ空くので、シャトルシェフでメインおかずを作っている間に、平日用の作り置きおかずを作っていることが多いです♪

時短にはならないシャトルシェフですが、手間短&エコなキッチン家電として導入してみてはいかがでしょうか。

特に、焦がす心配がある料理不慣れな新婚さんにもお勧めです!