【After Effects】16:9のテンプレートを4:3スクリーンに合わせる方法

スポンサーリンク

After Effectsで結婚式ムービーを作る時、テンプレートを使うと簡単にオシャレな映像を作ることができます。

私もVideoblocksのこのテンプレートをとっても気に入ってオープニングムービーで使いたいと思っいました。

しかし、式場のスクリーンサイズと合いませんでした。

Videoblocksのテンプレートはほとんど16:9です。対して私の式場のスクリーンは4:3でした。

(スクリーンサイズの違いについてはこちらの記事が参考になります)

16:9で作られたムービーを4:3のスクリーンに流すと、両端が切れてしまいます

そんな時の対処法です。

画面全体を縮小&上下に黒帯をつけることで全体を見られるようにします。

スポンサーリンク

新規コンポジションを作成

新規コンポジション

画像は「Sweet memories slideshow」をダウンロードして開いたところです。

この画面で、新規コンポジションを作成します。

コンポジション設定

コンポジション設定
  • プリセット「NTSV DV」
  • ピクセル縦横比「D1/DV NTSC(0.91)」
  • 背景色 「黒」←(スクリーンの背景色にしたい色、黒が無難)

に設定します。名前は「コンポ1」にしています。

テンプレートの「MAIN」コンポジションを「コンポ1」に入れ込む

テンプレートによって「MAIN」の名前が違うかもしれません。

全部がまとまっているコンポジションのことです。

「タイトル/アクションセーフ」を表示させる

タイトル/アクションセーフ

スクリーンに映すと、大体外側10%ほどが見切れると言われています。

外側の黒い線は「アクションセーフマージン」で、映像の見切れ目安です。

内側の黒い線は「タイトルセーフマージン」で、文字等の情報はできるだけこの中に入れるようにします。

「MAIN」コンポジションをタイトル/アクションセーフマージン内に収める

完成

アクションセーフ内に収まるようにMAINコンポジションを縮小します。

これで完成です!