【超初心者向け・SMBC日興証券のクロス取引】一般信用短期売り、制度信用買い、現引きをアプリで行うときの操作方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

つなぎ売りスケジュール

次のようなスケジュールで注文を成立させていきます。
権利付最終日の日付等は銘柄によって異なります。証券会社のカレンダー等で確認してください)。

初心者向けの記事のため、現引き注文以外は基本的に営業時間外
(平日夜19時~翌朝9時&休日)に注文を行うことを前提
としています。

つなぎ売り手順

SMBC日興証券のつなぎ売り手順
  •  ①寄付前
    一般信用売り注文

    まず、一般信用売り注文で在庫を確保します。

  • ①寄付前
    制度信用買い注文

    売り注文の在庫が確保できたら、買い注文を出します。
    手数料節約のため信用買いで注文します。

  • 寄付後
    約定

    一般信用売り注文・制度信用買い注文が約定します。

  • ②約定後~15時
    現引注文(制度信用買い分)

    制度信用買いの分を現物株にします。
    出来れば、制度信用買いの注文が確定した営業日中に行います
    営業日をまたぐと金利が発生するため、なるべく早めに現引を行います

    これで、現物株を保有した状態になります。

    現物株を保有したまま権利付き最終日を終えれば、株主優待の権利が手に入ります!

  • ③権利付き最終日17時半以降
    現渡

    権利付き最終日が過ぎたら、現渡注文で信用売りの株と現物保有の株を清算します。

では、実際のアプリ画面での注文方法です。

SMBC日興証券アプリのつなぎ売り手順

【①寄付前】一般信用の売り注文

まず、一般信用の売り注文を行います。

操作方法

銘柄を検索し、注文・登録→信用取引指示→新規売りとタップしていきます。

注文画面を下のようにセットします。

一般信用新規売り注文画面
  • 返済期限→3年
  • 注文数量→発注分だけ
  • 注文単価→「成行」
  • 執行条件→なし
  • 期間指定→「当日中」
  • 口座区分→「特定口座」

人気銘柄を注文するときは在庫が補充される17時までにこの画面で待機しておき注文内容を確認を押せばいいだけの状態にしておけば、時間のロスがなくなります!

注文が出来ているかの確認

信用取引の「注文約定一覧・取消・訂正」をタップします。

青字の「売建」注文が表示されていれば成功です。

【①寄付前】 信用買い注文

売り注文が通り在庫を確保できたら、買い注文を入れます。

操作方法

銘柄を選択し、 注文・登録→信用取引指示→新規買いとタップしていきます。

注文画面を下のようにセットします。

信用買い注文画面
  • 返済期限→6カ月
  • 注文数量→発注分だけ
  • 注文単価→「成行」
  • 執行条件→なし
  • 期間指定→「当日中」
  • 口座区分→「特定口座」

上記のとおり入力し、「注文する」ボタンを押します。

注文後の確認

注文確認画面

信用売り、制度信用買いの注文を終えたところです。

寄付前にこの状態にセットしておき、約定を待ちます。

【②約定後~当日15時までに】現引注文

約定した日の15時までに「現引き注文」を忘れずに行います。

操作方法

信用取引の 建玉一覧→「買い」の建玉→現引注文 とタップしていきます。

注文数量を入力し、注文を確定します。

注文確認画面

「建玉一覧」の「発注株数」が正しいことを確認します。

約定後は「残高」の「お預かり証券」欄に現物株が表示されます。

【③権利付最終日の17:30以降】現渡

権利付き最終日の17:30以降、信用売りの株と現物株を清算する=現渡注文を行います。

操作方法

信用建玉一覧から、取引する銘柄→現渡注文 とタップしていきます。

注文画面です。

注文数量を入力し、注文を確定させます。

これで、つなぎ売りの全工程が終了しました !

あとは、優待が届くのを待つだけです♪

【参考】私の注文スケジュール

在庫が沢山ある株で貸株料を節約しながら注文するなら、こんなスケジュールになります。

【参考】貸株料を節約するための私の注文スケジュール
  • 25日17時一般信用売り注文
  • 一般信用売り注文が通ったことを確認次第制度信用買い注文
  • 26日9時から15時の間に制度信用買いの現引注文
  • 26日17時30分以降現渡注文

といっても人気のある株は権利付き最終日の前日まで残っていることなんてまずないので、貸株料はかかりますがもっと前の段階で(1か月以上前に終えていることも…)③の「現引」まで終わらせておきます。