【JUNO-DS】音を出すために必要なもの

スポンサーリンク

JUNO-DSは、初心者に最適!と言われるほどコスパ、操作性に優れ、最低限の機能が揃っているシンセサイザーです。

この記事は、シンセサイザーを使ったことがない、まるっきり初心者向けの記事です。
ピアノや電子ピアノを使ったことがある方も、必要な機材が全然違うので読んでいってください。

スポンサーリンク

JUNO-DS(シンセサイザー)と一緒に買わなければいけないもの

実はJUNO-DS本体のみでは音を出すことすらできないので、アンプ→スピーカーを通さないといけません。

JUNO-DSを購入する時は、一緒に下記のものをセットで買いましょう!

シールド

シールドとは、ケーブルのこと。

シールドはライブハウスで演奏するときはもちろん、スタジオ練習でも必ず使うので自分で用意しておきましょう。
他の人が足を引っ掛けてしまうので、最低3mはあるといいかなと思います。

JUNO-DS裏側の「OUTPUT L/MONO」に刺します。

音を出すには、「アンプ+スピーカーセット」または「変換プラグ+スピーカー(イヤホン)」セットが必要

シンセサイザーは、単体では音を出すことができません。家で練習するときはアンプ+スピーカーにつないで練習することになります。

アンプ・・・音を増幅するためのもの
スピーカー・・・アンプが増幅した信号を音に変換するもの

アンプ+スピーカーセット

初心者ならこれ!シールドをこれに挿せば音が出ます。

スピーカーは場所をとるし、家で練習する時は音漏れが気になる・・・

という方は下へ。

変換プラグ+スピーカー(イヤホン)

JUNO-DS変換プラグとイヤホン

JUNO-DSには、普通のイヤホンやスピーカーを直接挿せません!
でも、この変換プラグをJUNO-DS裏側の「PHONES」
に挿せば、普通のイヤホンやスピーカーを繋げて使えるようになります。

JUNO-DSに変換プラグとイヤホンを接続

スピーカー

ヘッドホンやイヤホンを使ってばかりで練習していると、スタジオに入った時に違和感を感じます。たまにはスピーカーで聞いてみるのをお勧めします。

無線イヤホンを使いたいなら、「変換プラグ」+「オーディオレシーバー」+「イヤホン」

いつも使っている無線イヤホンを使いたい場合は、オーディオレシーバーで有線を無線(Bluetooth)に変換して繋げます。

オーディオレシーバー

変換プラグ

無線イヤホン

超初心者はセットを買えば間違い無いです

こんな便利なセットがあります!
最低限、音が出るセット+スタンド+ペダルが揃います。

シンセサイザーだけ買ったけど、家で使おうとしたら音が出ない・・・
は初心者あるあるです。

購入前に最低限、準備をしておきましょう!