iwakiの容器&ヘルシオでカレーを作るなら、山本ゆりさんレシピが正解でした

ヘルシオウォーターオーブン&iwakiの角皿でカレーを作りました。

ヘルシオ公式のレシピではボウルが推奨されていますが、iwakiパック&レンジの角皿で出来たら便利だなぁと思ったので試してみました。

らくチン!カレーメニュー一発ではうまくいかなかったので、山本ゆりさんのメニューブックを参考に追加水+加熱したらピッタリでした。

我が家のヘルシオはAX-XA30です。

らくチン!カレーメニューは全機種に搭載されているので他の機種でも使えると思います。

スポンサーリンク
目次

レシピ

材料

カレーライス 材料(子ども3食分)

  • ジャガイモ‥1個
  • 人参‥1/4本
  • きのこ(しめじ、舞茸)‥半パックずつ
  • 大根葉…1本分
  • (↑上の野菜合わせて300g)
  • 豚バラ薄切り肉‥100g
  • カレールウ‥2かけ
  • 水‥200ml(追加加熱時に+100ml)

調理工程

  • 野菜1/3→肉→野菜2/3→ルウ2かけ+水200mlと載せていきます。
  • No.2297(らくチン!カレー)で加熱します。
  • 加熱後水100mlを加えてかき混ぜ、600W6分で追加加熱します。
  • 出来上がり!
STEP
野菜1/3→肉→野菜2/3→ルウ2かけ+水200mlと載せる

iwakiの容器は1200mlのものです。

水、ルウを載せる前です。
STEP
No.2297(らくチン!カレー)で加熱

蓋をずらして加熱します。

加熱後の写真です。まだ野菜も少し固いです。

STEP
加熱後水100mlを加えてかき混ぜ、600W6分で追加加熱して完成

水を加え、ルウが溶けるようかき混ぜます。

STEP
完成

完成です!ルウの溶け残りもなく、野菜も柔らかくなりました。

公式のクックブックでは追加加熱について記載はなかったので、山本ゆりさんのレシピを参考に追加加熱しました。

感想

子どもも喜んで食べる!

甘口ルウで作ったので、3歳の子どもも喜んで食べました。

ホットクックではなくてレンジでカレーを作る理由

我が家はホットクックもありますが、今回はレンジでカレーをつくりました。

子どもの好物なのでカレーを作る頻度が高くなったのですが、ホットクックで作っておくには量が多すぎるんですよね‥

とり分け用に、大人は甘口ルウ+カレー粉+チリペッパーを試したんですが、イマイチ好みの味ではなかったです。

そこで、、子どもが小さいうちは別でカレーを作ってしまった方が早そうなのでレンジカレーを作ることにしました。

まとめ

  • ヘルシオウォーターオーブン&iwakiの角皿でらくチン!カレーを作るなら、追加加熱&差し水&混ぜが必須
  • Iwakiの角皿でカレーをつくるなら山本ゆりさんのレシピが○

ヘルシオを買ったのでレンジ調理の本はいらないかな〜と思ったのですが、そんなことはなかったです笑

管理人みゆき

山本ゆりさんの本についているiwakiの容器は、蓋も食洗機対応で買ってよかったです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次