Presssyncで画像をアップロードすると「assets-library…は削除されています」と出るときの対処法

スポンサーリンク

ある時PressSyncで画像をアップロードしようとすると、エラーが出てしまいました。

エラー:assets-libraryは削除されています

そんなときの対処法です。

スポンサーリンク

「ローカルライブラリから選択」で写真をアップロードしようとすると、エラーになる

下の通り、PressSyncではiPhone/iPad内の写真のアップロードができます。

通常、写真を選択するとアップロードされて画像のURLが挿入されます。

ところが、「assets-library;//asset/asset.JPG?id=〇〇〇=JPGは削除されています」というエラーが出てしまいました。

asetts-libraryは削除されています


もちろん、写真はアップロードできません。

アップロード出来る写真もある

全ての写真でエラーが出るわけではなく、アップロードできる写真もありました。

iPhone/iPad間で同期していた写真をアップロードしようとするとエラーになる

私はiPadとiPhoneを使用していて、写真を同期しています。
どうやら、iPhoneで撮った写真をiPad版PressSyncでアップロードするとエラーが出るようでした。

逆も同様の症状になるようで、iPadで撮った写真をiPhone版PressSyncでアップロードしようとすると、同じエラーがでます。

アップしたいデバイスで一度写真を編集すればエラーが消える

対処法は2つです。

対処法1  写真を撮ったデバイスのPressSyncでアップロードする

iPhoneで撮った写真はiPhoneのPressSyncで、iPadで撮った写真はiPadのPressSyncでアップロードするようにすれば、エラーはでません。

対処法2 アップしたいデバイスで写真を編集する

iPhoneで撮った写真をiPadからアップしたい時は、iPadで一旦編集すれば大丈夫です。
編集といっても写真に何か書いたりトリミングする必要はありません。
マーカーを引いて消しゴムで消してしまえば大丈夫です。
この操作でiPadで編集した履歴さえ残せば、エラーはでません。

ただ「変更を破棄」にしてしまうと、編集したことにならないので注意してください!