【ホットクック】冷凍鶏肉、冷凍野菜をそのまま使った大根たっぷり鶏肉のオイスター煮

スポンサーリンク

大根と鶏肉、その他家にあった野菜を入れてホットクックでオイスター煮を作りました。

味付けはオイスターソースのみ!

それでも美味しくできました。

スポンサーリンク

レシピ

使った食材・調味料
  • 鶏もも肉 (150g)
  • 大根 (1/3本)
  • ピーマン (3個)
  • アスパラ (4本)
  • 人参 (1/5本)
  • ネギ (1/2本)
  • キノコ (適量)
  • 小松菜(適量)
  • オイスターソース (食材総量に対し、食塩量0.6%になるように加える)

鳥モモ肉、ピーマン、人参、キノコは冷凍してあったものを解凍せずそのまま入れてしまっています。

オイスターソースの計算方法

我が家で使っているのは、S&Bのオイスターソース。
100g中の食塩相当量が11.2gでした。

食材総量が今回830gだったので、830÷11.2×0.6=44gのオイスターソースを加えました。

45gというとだいたい大さじ3杯ですね。

参考にしたホットクック公式レシピはこちらです。

調理開始

食材を入れていきます。ほとんどが冷凍してあったものなので、

大根とアスパラを切っただけ。準備時間は5分もかかりませんでした。

冷凍してあったカット済み鶏肉、くっついていますが解凍もせずそのまま入れています。

大根たっぷり鶏肉のオイスター煮レシピをダウンロードし、調理開始します。

加熱時間は20分。

冷凍小松菜(カット済み)は、最初から入れるとグズグズになりそうだったので、調理終了後に投入し、10分追加加熱しました。

出来上がり

冷凍鶏肉

塊のまま入れたのに、ほぐれていました!かきまぜ棒のおかげです。中にもちゃんと火が通っています。

冷凍野菜

人参、キノコ、ピーマンの火のとおりは問題なし。

後で加えた冷凍小松菜

調理終了後に凍ったままの小松菜を入れ、10分追加加熱しました。

…青臭いです…。調理後すぐに食べたところ、小松菜に味がついておらず、青臭さが強調されていました。

次の日に食べたところ、味がなじんだのか青臭さはなくなっていました! 

生野菜

大根、ネギともに火のとおり具合は問題ありません!大根にも味が染み込んでいます。

まとめ

さすが無水調理、オイスターソースだけで十分な旨味があります!

また、冷凍鶏肉、冷凍野菜、生野菜をいっしょくたに調理しても問題ありませんでした!

特に、鶏肉をほぐさずに入れたのに、調理後ほぐれていたのは感動しました・・・!

前回ブレイズを作った時には、人参を入れすぎて失敗しましたが、今回は1/5本と少な目に入れて大正解でした○

具のバランスはちょうどよかったです。

反省点

加熱調理後に加えた、冷凍小松菜の青臭さが気になりました。

加えるタイミングに改良の余地があるなと感じました。
ふたを開けて加熱することで青臭さを飛ばすか、蒸すorゆでてから加えるなど一工夫した方がよさそうです。

引き続き使いこなせるように頑張ります。

おまけ

0.6%の塩分量が簡単に計算できる、iPhoneショートカットを作りました!
オイスターソース、味噌、醤油など、どれだけ加えればいいの?というときに役立ちます。

ホットクックでブレイズ調理をするなら、スケールが必需品!
鍋の重さが700g程あるので、3kgまで測れるものを買っておくと安心です。