食器洗いは夫に任せていた妻ですが、食洗機を導入したら自分にもいいことずくめでした

スポンサーリンク

子どもがいない共働き夫婦の我が家ですが、家事分担はほぼ平等で、食器洗いは夫の担当です。

先日、我が家に食洗機がやってきました。

食洗機ってそんなに便利?と思っていましたが、
食器洗い担当でない私も、導入してよかった!!と感じました。

スポンサーリンク

我が家の家事分担

妻→食材買い出し、料理、洗濯、掃除

夫→ゴミ出し、食器洗い

特に話し合って決めたわけではないのですが、平日は夫の出勤が早い&帰りが遅いため、必然的に時間にゆとりのある私が時間のかかる家事をやっています。

ゴミ出し、食器洗いの家事は時間がかからず、夫も「出来ることだから」と言うことで、夫担当になっています。

自分が嫌いな「食器洗い」は夫がやってくれている

私は洗い物が大嫌いです。
理由を説明しろといわれても、「食材の残りかすを見たくない」「泡立てた洗剤が指の間に入るのが嫌」「生産性がない」など意味不明なことしか言えませんが、とにかく大嫌いです。

夫はそれほど嫌いではないようで、
「調理器具も全部置いておけば洗うのに」
と言ってくれるのですが、自分が嫌いなことを残業して働いている夫にやらせるのは申し訳ないし、かといって生活費は折半なのに全部私がやるのもモヤモヤする・・・ということで、食器洗いは夫に任せていました。

嫌いな「食器洗い」を夫に任せたはずなのにストレス

食器洗いは夫がやってくれるものの、
「私が嫌いなこと=夫も嫌々やっているはず」「残業で毎日疲れているし、せめて負担を軽くしたほうがいいかな」
という思いが強く、食器洗いは任せていたものの料理担当の私も工夫せざるを得ませんでした。

洗い物を少なくするための料理の工夫

  1. 洗い物を減らすため、おかずの品数を少なくする、調理器具が少ないレシピを選ぶ
  2. 洗い物を減らすため、食材を用意する順番、置く場所を考えながら調理する
  3. 洗い物が面倒な油料理を減らす
  4. 調理器具は洗っておく

など。

これが全部、ストレスでした。

1 洗い物を減らすため、おかずの品数を少なくする、調理器具が少ないレシピを選ぶ

小皿で色々おかずを出すと洗い物が多くなるため、避けていました。

また、かきたま汁やオムライスなど、卵を溶く料理も洗い物が別に発生するため避けるようになっていました。

2 洗い物を減らすため、食材を用意する順番、置く場所を考えながら調理する

→仕事で疲れた後に、献立を考え、スーパーで安いものを選ぶ頭を使った後、さらに料理の段取りまで毎日考えるのは相当疲れます。

それに煮物や炒め物で根菜、葉物の根本、葉部分で火入れ時間を分けるのが良いことはわかっているのですが、切ったものを置く調理器具を洗うのが嫌で全部一緒くたにすることがあります。

3 洗い物が面倒な油料理を減らす

→私も夫も炒め物、揚げ物が好きなのですが、後片付けの面倒くささを考えると、自然に避けていました。

4 調理器具は洗っておく

→夫は「置いておいていいよ」と言いますが、料理後~食後までシンクに洗い物を置いておくのはストレスでした。

意を決して食洗機を買う

私がTwitterをよく見ることもあり、よく「家事の外注化」が話題になるのを目にします。

お子さんがいる家庭では尚更ですが、「食洗機 便利」「食洗機 良かった」で検索しては欲しい~~~ 

としか思えませんでした。
導入した人のつぶやきを見ていると、「もう食洗機がない生活には戻れない」「早く買えばよかった」という声ばかり。

それを見ていると、「何で私はこの状態に耐えないといけないの?」としか思えませんでした。

夫に食洗機いる?と聞いてみますが、「まぁ、あればいいと思うけど~」程度の返しで、積極的に買う様子は無さそうでした。

埒あかないため10年物の中古品をメルカリで購入しました。
1万円台だったので、物は試しです!(最新食洗機のレビューをよく見てみると、食洗機はここ最近一企業独占状態のため、10年前のもののほうが収納力が高く、むしろ良かったという意見もありました)

→TOSHIBAの15年前の製品を使っているのですが、大満足です。いずれレビューしたいと思います。

食洗機を導入した後

洗い物担当の夫の変化

料理をしている私の手前グチを言いづらいようです。感想を聞いたところ「そりゃぁ楽だよ」としか言いませんが、言うまでもなく負担は減ったようです。

洗い物担当でない私の変化

買ってよかった

としか思えません。

買ってよかった①洗い物を任せる罪悪感がない

上で述べたように、私は洗い物が嫌い→夫も嫌々やっているはず(本心はそうでなかったとしても)→嫌々なことを任せるのは申し訳ない

と、ずーーーっと思っていました。夫が洗い物をするためにキッチンに立っている姿を見るのが心苦しかった私のストレスが減ったことで、ゆとりが生まれました。

買ってよかった②作りたい料理を好きなように作れる幸せ

「家に帰るのが早いから」という理由で料理担当をしている私ですが、料理自体は好きなんです。

ですが、いつしか「料理の後の洗い物のことを考えると面倒」=「料理が面倒」という思考になっていました。

食洗機が来た後は、「面倒くさい後片付けをやる人間がいないから、食器も使い放題!」となり、本来好きだった料理の部分だけ出来るのが楽しいです。

  • 切った食材を一旦置いておきたいけど・・・
  • 卵を溶きたいけど器が1つ増えてしまう・・・
  • 調味料をあらかじめ混ぜておきたいけど・・・

↑こんな些細なことをためらっていましたが、食洗機が来たとたん、こんな思いはなくなりました。

今までは切った食材をまな板の端に置いておいたり、調味料を測る順番をいちいち気にしたり(粉ものから測ってスプーンを使いまわす)していましたが、そんなことに気を回す必要はなくなりました。

買ってよかった③イライラが減った

これは自分でも予想していなかったのですが、上の2点で、かなり心が消耗していたみたいです。

罪悪感が減る&料理が面倒でなくなる

これだけで大分ストレスが減ったみたいです。

夫には申し訳ないのですが、食器洗いをしていなかったのにストレスが溜まっていたようで、日頃なぜか抱いていたイライラがほとんどなくなりました。

無意識のうちに、「女だから家事をやらなきゃ」「家にいる時間が長いのに家事をやっていないと申し訳ない」と思っていたのだと思います。

まとめ

食洗機を買ってよかったこと

  • 洗い物をしなくていい
  • 洗い物を任せる罪悪感、ストレスがなくなる
  • 食器、調理器具を気にせず好きに料理できる
  • 水道代、電気代は変化なし(都市ガスなので、ガス代も上がりませんでした)

食洗機購入をためらっている方に

今売っている商品は少なくとも6万円~ですし、場所、分岐水栓の工事が必要になります。

ですが、食器洗いが嫌な方だけでなく、「自炊が嫌」と思っている方にこそ使っていただきたいです。

何かをめんどくさいと思っている時、その後の行為がめんどくさいことはないでしょうか?

例えば、

  • お風呂には入りたいけど、髪の毛を乾かすのが面倒くさい・・・
  • 洗濯はしてもいいけど、干すのも取り込むのも面倒・・

などです。

食器洗いが面倒

という方はもちろん、

料理を作るのが嫌

という方、本当は、料理を作るのが嫌なのではなくて、後片付けの面倒くささが嫌で避けているのではないでしょうか、と言いたいのです。

水道の工事は、自分でもできます。

ジモティー、メルカリを活用すれば、1万円台から買えます!
(レビューをみていると、据え置き型の食洗機はPanasonic1強のため、全く進歩していないとの声もあります。)

まずは、初期コスト2万円~で食洗機導入をしてみて下さい。