After Effectsで結婚式ムービーを作りました①

スポンサーリンク

After Effectsを触ったことがない素人の私が、結婚式のプロフィールムービー、オープニングムービーイチから作ってみた記録です。

作り始めてから2か月、このような感じのムービーが出来上がりました↓(大幅に省略し、写真は素材サイトのものに差し替えています)

↑ムービー関連の記事まとめです。

スポンサーリンク

iMovieとAfter Effects

私はMacユーザーです。

Macでは、iMovieという素晴らしいソフトが無料で使えます。
なので、最初はそちらを使おうと思いましたが。
ですが、いざ使い始めてみるとやりたくても色々と出来ないことが多かったのです。

iMovieで結婚式ムービー作りをオススメしない理由

iMovieとAfter Effectの両方を触ってみました。
iMovieは使い辛い、と思った理由は下記の3点です。

  • ①テロップを好きな位置に出せない
  • ②2画面以上を同時に独立して動かせない(ワイプみたいなものは可能)
  • ③テンプレートで作った感じが出る

①、②は工夫すれば出来ますが、非常に面倒臭いです。

iMovieはテンプレートに沿って簡単に作ることができます。

ですが、その分テンプレートにきっちりハマってしまい、YouTuberなどコンテンツ勝負で、雰囲気は別に気にしない!という用途に向いていると思いました。

その点After Effectsはテンプレートもたくさんあり、オリジナリティを出したい一生に一回の結婚式のような場ではぴったりだと思いました。

テンプレートを使いこなせばそれなりにクオリティの高い動画が作れる!という事ですっかりハマってしまいました。

準備するもの

・After Effects 

Adobeのサイトからダウンロード。

2,180円/月(税別)

2週間無料です。うまくやれば無料体験期間中に出来てしまうかも。。私は結婚式2ヶ月前に購入したので、約4000円です。

プロに頼むと、約4万円。それを思うとお手頃です。

・写真スキャンアプリ

フォトスキャン by Google フォト

フォトスキャン by Google フォト

Google, Inc.無料posted withアプリーチ

子供時代の写真など、紙でしか残っていないものをどんどんデジタル化していきます。

このアプリ、写真の歪みを直すのはもちろん、光の写り込みを消してくれます!

本当にスキャナーいらずで、ものすごく使いました。

・写真共有の準備

夫婦、友達とアルバムを共有するときはGoogle Photoがやっぱり便利です。

自分の写真って意外と持ってなくて、友達が持ってることも多いです。友達に、○○の時の写真ちょうだい〜!って言うのも、余裕を持って言っておくとたくさんもらえますしね。

とにかく、結婚式が決まったら写真集めだけは最初からやっておくと良かったです。

続き

After Effectsを実際に使った作り方はこちらから↓